お尻・股間がかゆい・痛いの病気一覧

症状から調べる

亀頭包皮炎

亀頭包皮炎とは? 亀頭包皮炎(きとうほうひえん)は、亀頭部と包皮の間に炎症をおこす病気です。赤くなったり、かゆみや痛みが生じることもあります。炎症が強くなると化膿する場合もあるので注意が必要です。 ほとんどの場合は包茎の男児におこるため、発症する年齢は15歳以下の小児が多くみられます。しかし、中には性病に関連することもあるので、成人男性にも発症するリスクがあります。原因は亀頭部と包皮の間の炎症やカンジダなどのカビ類によるもの、細菌などによるものの感染です。 亀頭包皮炎の基礎知識 病

外痔核

外痔核とは? 外痔核(がいじかく)は、一般的にいぼ痔とよばれます。同じいぼ痔でも肛門の歯状縁の内側にできるいぼ痔を内痔核、肛門外縁部にできるものが外痔核です。肛門の外側の皮膚には痛みを感じる神経があるため強い痛みを感じます。長時間同じ姿勢で血の巡りが悪くなることや排便時に無理な力がかかることが主な原因です。 外痔核であれば、強く痛むような場合でもほとんどは塗り薬によって数日で改善に向かいます。無理せず早急に医療機関を受診することが推奨されます。 外痔核の基礎知識 病名 外痔核

萎縮性腟炎

萎縮性腟炎とは? 萎縮性腟炎(いしゅくせいちつえん)は、閉経後や加齢により女性ホルモンの分泌量が低下し、膣や外陰部、尿道が乾燥や萎縮した状態になり、雑菌が繁殖して炎症をおこした状態です。主に閉経後の女性に多く、炎症の他かゆみや悪臭などをおこします。また、人によっては黄色いおりものが出るという場合もあります。 中には子宮体がんなど他の病気が隠れていることもあるので医療機関の検査を受けることが望ましいです。 萎縮性腟炎の基礎知識 病名 萎縮性腟炎(いしゅくせいちつえん) 別名 老

精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)

精索静脈瘤とは? 精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)は男性にのみおこる症状です。精巣付近の陰嚢部(いんのうぶ)の静脈に小さなこぶ(静脈瘤)ができる症状のことです。自覚症状がないことも多くありますが、痛みがあったり、左右の陰嚢の大きさが違うということで気づく場合もあります。 静脈瘤が原因で精巣内の温度上昇などがおこることもあります。その影響で「精子が少なくなる」「DNAが欠損する」といったことがおこり、不妊の原因になることがあります。精索静脈瘤は手術によって治療することが可能です。

陰茎癌(いんけいがん)

陰茎がんとは? 陰茎がん(いんけいがん)は男性の陰茎にできるがんです。男性のがんの中ではどちらかというと稀(まれ)ながんで、最近の研究ではヒトパピローマウイルスとの関係が指摘されています。亀頭部、包皮にできることが多く、陰茎体部におこることはあまりありません。 転移する前の進行が早い段階であれば手術による治療が可能です。治療法によっては治療後に立位での排尿ができなくなるなどで患者さんの生活の質(QOL)を著しく低下させることもあります。そのため手術などの際には、医療機関と患者さんの間で

情報リクエスト

病気スコープは、ユーザーの皆様が求めている情報を可能な限りお届けしたいと思っています。
「掲載されている病気についてより深く知りたい」「新しい情報として掲載してほしい病気がある」どちらの場合も、お気軽にリクエストしてください。
皆様の期待に応え続けることで、より信頼できるサイトとして成長して参ります。

どちらの情報をリクエストしますか?

または

※個別のご病気や治療法などの医療行為にかかわるお問合せには、
お答えできませんのでご了承ください。

送信完了

リクエストいただきありがとうございました。
いただいたご意見を元に、より信頼していただけるサイトとして成長して参ります。