全身の発汗・ほてりの病気一覧

症状から調べる

長引くせきに要注意!季節の変わり目にかかる病気とは?

季節の変わり目になると風邪をひきやすくなると感じている方は少なくありませんよね。実際に風邪やインフルエンザなどの感染症は10月に増えます。風邪だと思っていたら、他の病気の可能性もあります。なかでも長引くせきの症状には重大な病気が隠れていることがあります。 今回は、風邪の主症状と長引くせきの原因となる病気について解説します。▼POINT ▼風邪などの感染症は10月ごろから増える! ▼インフルエンザ、RSウイルス感染症、花粉症、副鼻腔炎、気管支喘息、肺炎は秋から

医師が提案する5つの熱中症予防対策|2018年度夏の特集

重症度別!熱中症の症状 熱いところに居た後の体調不良は全て、熱中症の可能性があります。 従来から熱けいれん、熱失神、熱疲労、熱射病という症状による病名(国際分類)が使用されてきましたが、熱疲労の中にも生命にかかわるような状態が含まれることを懸念し、我が国では2015年に日本救急医学会が重症度による分類(Ⅰ度、Ⅱ度、Ⅲ度)が提唱され、全体を総称して「熱中症」と呼ぶようになりました。 重症度Ⅰ度、Ⅱ度、Ⅲ度、それぞれの状態で起こりうる症状を解説します。Ⅰ度(応急処置と見

月経前症候群

月経前症候群とは? 月経前症候群(げっけいまえしょうこうぐん)とは月経前になると抑うつ、不安、イライラするなどの精神的症状と乳房の痛みや張り、頭痛、下腹部の痛みといった身体的症状が特徴の疾患です。原因ははっきりしていませんが、黄体ホルモンの分泌が関係しているとされています。イライラなどの症状だけでなく、頭痛や吐き気などの症状に悩まされる場合もあります。 患者さんの要望があればカウンセリングや血液検査、超音波検査、内診を実施します。 また、症状日記で記録をつけて、疾患への理解度を高め

慢性骨髄性白血病(まんせいこつずいせいはっけつびょう)

慢性骨髄性白血病とは? 慢性骨髄性白血病(まんせいこつずいせいはっけつびょう)は「血液のがん」と呼ばれる白血病の一種です。白血病の中でも骨髄系の造血幹細胞の異常で、慢性的におこるものを「慢性骨髄性白血病」と分類します。 この分類の白血病の患者さんの95%にフィラデルフィア染色体と呼ばれる染色体異常が確認されます。このフィラデルフィア染色体は遺伝性ではなく、患者さんの体内でどのようにして生まれるのかは不明です。この病気については効果的な治療薬も開発され、早期に発見できれば治療できる可能性

過換気症候群

過換気症候群とは? 過換気症候群(かかんきしょうこうぐん)は過呼吸と呼ばれることもあります。不安や緊張、驚きなどで呼吸が早くなることで、呼吸を司る神経が呼吸を抑制することで、息苦しくなる症状のことです。こうした症状によって、さらに患者さんは不安やパニック状態になり、さらに呼吸をしようとするが呼吸できないことによってどんどん症状が進んでいきます。その結果、症状としては呼吸困難やけいれんなどがおこる、めまいや動悸などがあります。 若い女性に発症することが多く、まれにこうした症状が小学校の教

動脈管開存症

動脈管開存症とは? 動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう)は出生後、自分で呼吸を始めると自然に閉じるはずの動脈管が閉じずに開いたままになる先天性の疾患です。胎児の時には母親から酸素が供給されるため肺を使用していません。そのため胎内では大動脈から肺動脈へ流れるようになっています。この動脈管の穴は出生後2~3週間かけて閉じていきます。しかし、この穴が閉じずに残ってしまうのが動脈管開存症です。 動脈管がふさがらなかった場合、心臓に負担がかかります。中には無症状のまま経過して、検診で発覚

病気スコープ編集部
2018年10月23日

情報リクエスト

病気スコープは、ユーザーの皆様が求めている情報を可能な限りお届けしたいと思っています。
「掲載されている病気についてより深く知りたい」「新しい情報として掲載してほしい病気がある」どちらの場合も、お気軽にリクエストしてください。
皆様の期待に応え続けることで、より信頼できるサイトとして成長して参ります。

どちらの情報をリクエストしますか?

または

※個別のご病気や治療法などの医療行為にかかわるお問合せには、
お答えできませんのでご了承ください。

送信完了

リクエストいただきありがとうございました。
いただいたご意見を元に、より信頼していただけるサイトとして成長して参ります。