全身の発汗・ほてりの病気一覧

症状から調べる

慢性骨髄性白血病(まんせいこつずいせいはっけつびょう)

【執筆】大田 幹 先生慢性骨髄性白血病(まんせいこつずいせいはっけつびょう)の情報まとめ病名 慢性骨髄性白血病(Chronic myelogenous leukemia)別名 CML症状 病気が進行すると、全身のだるさ、体重の減少、夜間の寝汗、脾臓腫大(ひぞうしゅだい)が原因の腹部膨満などの症状があらわれる。 初期段階では目立った自覚症状が現れないため、健康診断などで白血球数の増加が認められ発見されるケースが50%以上に登る。

過換気症候群

【執筆】福田 真 先生過換気症候群の情報まとめ病名 過換気症候群別名 過呼吸症状 突然呼吸困難に襲われ、呼吸がうまくできず酸素が足りないという不安とともに動悸や発汗をともなう。 ひどい場合には手の指が硬直(テタニー)することもある。罹患者数 不明発症しやすい年齢と性差 女性が罹患しやすく、とくに若年層に多い。原因 なんらかの理由により呼吸が必要以上に浅く早くなってしまい、その結果として血中の

動脈管開存症

【執筆】竺原 俊光 先生動脈管開存症の情報まとめ病名 動脈管開存症別名 -症状 息切れや呼吸回数が多いなど、心不全症状を認める。 乳児では多呼吸、頻脈、多汗、哺乳不良などがみられることもあるが、何の症状もなく、たまたま健診などで心雑音に気付かれ、検査によって見つかる場合もある。罹患者数 単独の動脈管開存症の頻度は出生2千5百~5千人に1人(0.02~0.04%)である。発症しやすい年齢と性差 2:1で女性

情報リクエスト

病気スコープは、ユーザーの皆様が求めている情報を可能な限りお届けしたいと思っています。
「掲載されている病気についてより深く知りたい」「新しい情報として掲載してほしい病気がある」どちらの場合も、お気軽にリクエストしてください。
皆様の期待に応え続けることで、より信頼できるサイトとして成長して参ります。

どちらの情報をリクエストしますか?

または

※個別のご病気や治療法などの医療行為にかかわるお問合せには、
お答えできませんのでご了承ください。

送信完了

リクエストいただきありがとうございました。
いただいたご意見を元に、より信頼していただけるサイトとして成長して参ります。