けいれんの病気一覧

症状から調べる

肝性脳症

肝性脳症(かんせいのうしょう)は肝硬変や肝炎などで肝臓に障害がおこることで発症します。肝臓の機能低下によってアンモニアが解毒・分解されずに脳に回って脳に障害をおこします。 症状は「眠気」や「生活習慣の乱れ」など肝性脳症の症状として本人や周りの人が認識しづらいものから、「異常行動」や「昏睡」まで重症度によって様々です。肝性脳症では、鳥の羽ばたきのような動きをする「羽ばたき振戦」と呼ばれる特徴的な症状が手指に確認されます。 肝性脳症の症状が確認された場合は早急に治療を開始しないと命に関わるこ

髄膜炎

【執筆】加賀 康宏 先生髄膜炎の情報まとめ病名 髄膜炎(ずいまくえん)別名 脳脊髄膜炎(のうせきずいまくえん)症状 発熱、頭痛、悪心、嘔吐。首が硬くなり下顎を胸につけることができなくなる項部硬直(こうぶ-こうちょく)が起きる。 けいれんや意識障害も起こる。罹患者数 厚生労働省の患者調査では年間約2千人である。発症しやすい年齢と性差 性差はないが、乳児、幼児期に多い。また感染防御能が低下してくる50歳以上で

インフルエンザ脳症

インフルエンザ脳症の情報まとめ病名 インフルエンザ脳症別名 特になし症状 発熱、呼吸器症状に続いて、意識障害やけいれん、片麻痺、異常行動の持続を認める。罹患者数 例年、100例程度の罹患者が報告される発症しやすい年齢と性差 5歳未満の乳幼児、10歳未満の学童期に多い。原因 インフルエンザの発症にともない脳症がおきるが機序は不明である。 インフルエンザ感染により炎症性サイトカイン(※1)が産生され

ジカ熱

【監修】板東 浩 先生(医学博士、内科医) ジカウイルスによって発症するジカ熱 ジカ熱は、ジカウイルスに感染することで発症する感染症です。 ウイルスを持つ蚊に刺されてから2~12日で発症することがあります。 症状として軽度の発熱、関節痛、頭痛、倦怠感といったものが出てきます。 しかしながら、ジカウイルス感染者の8割は発症しません。 妊婦がジカウイルスに感染すると胎児に胎内感染していまい、小頭症(しょうとうしょう)を引き起こすことがあります。 子どもの成長にも影響を及ぼすた

情報リクエスト

病気スコープは、ユーザーの皆様が求めている情報を可能な限りお届けしたいと思っています。
「掲載されている病気についてより深く知りたい」「新しい情報として掲載してほしい病気がある」どちらの場合も、お気軽にリクエストしてください。
皆様の期待に応え続けることで、より信頼できるサイトとして成長して参ります。

どちらの情報をリクエストしますか?

または

※個別のご病気や治療法などの医療行為にかかわるお問合せには、
お答えできませんのでご了承ください。

送信完了

リクエストいただきありがとうございました。
いただいたご意見を元に、より信頼していただけるサイトとして成長して参ります。