気を失う・もうろうとするの病気一覧

症状から調べる

肺塞栓症・肺梗塞

【執筆】井守 洋一 先生肺塞栓症・肺梗塞の情報まとめ病名 肺塞栓症・肺梗塞別名 急性肺塞栓症、エコノミークラス症候群症状肺動脈の閉塞範囲により、無症状からショックに至るまで様々な臨床症状を呈する。 同じ体勢が長く続いた後の突発的な「呼吸困難」「胸痛」が本症を疑うきっかけになる。 血痰(けったん)、意識消失、血圧低下などの症状が現れる。 下肢の深部静脈血栓症を合併する場合、足のはれ、痛みが出る。罹患者数

糖尿病神経障害

【執筆】 広瀬 正和 先生糖尿病神経障害の情報まとめ病名 糖尿病神経障害別名 -症状糖尿病の患者さんに高血糖状態が続くと、まず手足の先からしびれやピリピリとした痛み、感覚の異常などが現れる。 このまま放置しておくと、痛みやしびれのために夜眠れなくなったり、こむら返りが起きたり、他の自律神経症状なども現れる。 手足も症状がひどくなると、靴擦れなどの足の先の傷から感染、膿みが生じ、足の壊疽(えそ)を起こし、切断に至ることもある

肺動脈性肺高血圧症

【執筆】 吉岡 啓 先生肺動脈性肺高血圧症の情報まとめ病名 肺動脈性肺高血圧症別名 なし症状 体を動かした時に息苦しく感じる、すぐに疲れる、体がだるい、足がむくむ、意識がなくなる(失神)などの症状あり。罹患者数 2013年の調査で2587名。発症しやすい年齢と性差 女性が男性の2倍以上。女性は加齢とともに増え、70歳代がピーク。 男性は20歳代が多く、40歳代までは減少する傾向。 その後、再び70歳代

情報リクエスト

病気スコープは、ユーザーの皆様が求めている情報を可能な限りお届けしたいと思っています。
「掲載されている病気についてより深く知りたい」「新しい情報として掲載してほしい病気がある」どちらの場合も、お気軽にリクエストしてください。
皆様の期待に応え続けることで、より信頼できるサイトとして成長して参ります。

どちらの情報をリクエストしますか?

または

※個別のご病気や治療法などの医療行為にかかわるお問合せには、
お答えできませんのでご了承ください。

送信完了

リクエストいただきありがとうございました。
いただいたご意見を元に、より信頼していただけるサイトとして成長して参ります。