胸・腹部が痛い・吐き気があるの病気一覧

症状から調べる

糖尿病神経障害

【執筆】 広瀬 正和 先生糖尿病神経障害の情報まとめ病名 糖尿病神経障害別名 -症状糖尿病の患者さんに高血糖状態が続くと、まず手足の先からしびれやピリピリとした痛み、感覚の異常などが現れる。 このまま放置しておくと、痛みやしびれのために夜眠れなくなったり、こむら返りが起きたり、他の自律神経症状なども現れる。 手足も症状がひどくなると、靴擦れなどの足の先の傷から感染、膿みが生じ、足の壊疽(えそ)を起こし、切断に至ることもある。 【

アナフィラキシー

【執筆】寺尾 一郎 先生アナフィラキシーの情報まとめ病名 アナフィラキシー別名 なし症状「皮膚・粘膜症状」「呼吸器症状」「循環器症状」「消化器症状」のうち、2つ以上の症状が現れる。 呼吸器症状として「咳」「喘鳴」、消化器症状として「繰り返す嘔吐」がある場合、アナフィラキシーの恐れが強い。 アナフィラキシー患者の80~90%に「皮膚・粘膜症状」、約70%に「呼吸器症状」、最大45%に「消化器症状」「循環器症状」が現れる。

狭心症

【執筆】久保田 芳明 先生狭心症の情報まとめ病名 狭心症別名 虚血性心疾患、冠動脈狭窄症状 息切れや胸が締め付けられるように痛くなる、同時に歯が痛む、肩が痛むなどの放散痛を伴うこともある。罹患者数 動いたときに狭心症の症状が現れる労作性狭心症の場合、男性は1000人あたり11.8人、女性は1000人あたり9.7人(調査対象2558人に対し)。発症しやすい年齢と性差 中年以降の男性に多く発症している傾向。女性は男性より

肝臓がん

【執筆】加賀 康宏 先生肝臓がんの情報まとめ病名 肝臓がん別名 肝細胞がん症状 初期には自覚症状がほとんどない。 進行した場合、腹部圧迫感や痛み、黄疸(おうだん)がでることもある。 がんが破裂すると激痛や血圧低下が起きる。罹患者数 厚生労働省の患者調査では、肝臓と肝内胆管のがんの患者さんは 1987年2万2000人であったが、2005年に6万8000人に増加後、2014年には4万7000人と減少している。発症し

摂食障害

【執筆】寺尾 一郎 先生摂食障害の情報まとめ病名 摂食障害別名 拒食症、過食症症状 体重減少、月経異常 、脱水、腹部膨満感、低体温、低血圧など。罹患者数 1998年におこなわれた疫学調査では、拒食症が1万2500名、過食症が6500名と推計されている。 そのほか、拒食症と過食症のいずれに分類するのも難しい症例-「特定不能の摂食障害」が4200名と考えられている。 1980年から2000年までに、摂食障害の患者数は約10倍に

腸重積(ちょうじゅうせき)

【執筆】望月 暁 先生腸重積(ちょうじゅうせき)の情報まとめ病名 腸重積(ちょうじゅうせき)別名 intussusception症状 腹痛、嘔吐、血便の3つが主な症状。 腹痛は突然発症が多く、繰り返すのが特徴である。 また、緑黄色の胆汁を嘔吐する。血便はイチゴゼリー状の粘血便が特徴である。罹患者数 日本では年間4000人前後とされる。発症しやすい年齢と性差 生後4ヶ月から1歳までの乳幼児に多い。 男女比約2

糖尿病性ケトアシドーシス

【執筆】吉岡 啓 先生糖尿病性ケトアシドーシスの情報まとめ病名 糖尿病性ケトアシドーシス別名 なし症状 激しい口渇、多飲、多尿、体重減少、全身倦怠感、消化器症状(悪心、嘔吐、腹痛)などのあきらかな脱水症状がおこる。罹患者数 不明発症しやすい年齢と性差 若年者に多い。 性差はなし。原因 インスリン注射の中止や減量、インスリン抵抗性の増大、感染、清涼飲料水の多飲など。受診の必要性 早急に受

糖尿病腎症

【執筆】吉岡 啓 先生糖尿病腎症の情報まとめ病名 糖尿病腎症別名 腎症(略称として)症状 初期は自覚症状がない。 腎症が悪化するとむくみの出現、尿毒症の症状(吐き気、食欲不振、頭痛、呼吸困難感など)や貧血などの症状が出現する。罹患者数 不明発症しやすい年齢と性差 高齢になるほど発症しやすい。 性差はなし。原因 高血糖後に血糖コントロール、高血圧、脂質管理が不十分な状態を続けることでおこる。

腹膜炎

【執筆】加賀 康宏 先生腹膜炎の情報まとめ病名 腹膜炎別名 特になし症状 急激な腹痛。発熱。罹患者数 厚生労働省の患者調査によると平成26年時点で約2千人。発症しやすい年齢と性差 原因は様々であり、性差はなく、若年から高齢まで起こりうる。原因腹膜炎の原因の7〜8割は胃や腸に穴があく消化管穿孔である。 消化管穿孔(しょうかかんせんこう)の原因として、虫垂炎、大腸憩室炎(だいちょうけいしつえん)、

急性胃炎

【執筆】加賀 康宏 先生急性胃炎の情報まとめ病名 急性胃炎別名 急性胃粘膜病変(AGML)症状 上腹部痛や腹部膨満感、胃のむかつき、胃もたれ。罹患者数 厚生労働省の患者調査では、罹患者数は1987年には93万8000人であったが、2014年には73万5000人とやや減少している。発症しやすい年齢と性差 年齢や性差は特になし。原因  精神的・身体的ストレスや、抗生物質・NSAIDsなどの薬剤、香辛料やコー

情報リクエスト

病気スコープは、ユーザーの皆様が求めている情報を可能な限りお届けしたいと思っています。
「掲載されている病気についてより深く知りたい」「新しい情報として掲載してほしい病気がある」どちらの場合も、お気軽にリクエストしてください。
皆様の期待に応え続けることで、より信頼できるサイトとして成長して参ります。

どちらの情報をリクエストしますか?

または

※個別のご病気や治療法などの医療行為にかかわるお問合せには、
お答えできませんのでご了承ください。

送信完了

リクエストいただきありがとうございました。
いただいたご意見を元に、より信頼していただけるサイトとして成長して参ります。