胸・腹部が痛い・吐き気があるの病気一覧

症状から調べる

月経前症候群

【執筆】桝田 充彦 先生月経前症候群(げっけいまえしょうこうぐん)とは月経前になると抑うつ、不安、イライラするなどの精神的症状と乳房の痛みや張り、頭痛、下腹部の痛みといった身体的症状が特徴の疾患です。原因ははっきりしていませんが、黄体ホルモンの分泌が関係しているとされています。イライラなどの症状だけでなく、頭痛や吐き気などの症状に悩まされる場合もあります。 患者さんの要望があればカウンセリングや血液検査、超音波検査、内診を実施します。 また、症状日記で記録をつけて、疾患への理解度

肺塞栓症・肺梗塞

肺塞栓症とは? 肺塞栓症(はいそくせんしょう)は、主に静脈でできた血の固まり(血栓)によって、心臓から肺へ血液を送る血管(肺動脈)が詰まってしまう症状のことです。肺梗塞やエコノミークラス症候群は肺塞栓症の別名でもあります。血栓は飛行機などの乗り物などに乗った際に長時間同じ姿勢で、水分を取らずにいると静脈内でできることがあります。 また手術や妊娠などが原因の場合もあります。肺動脈が詰まると酸素を血液に取り込めず、全身へ血液を送れないなどの症状がおこります。そのため、命にかかわる病気ともい

糖尿病神経障害

糖尿病神経障害とは? 糖尿病神経障害(とうにょうびょうしんけいしょうがい)は糖尿病を起因にした神経障害です。高血糖の状態が続くと神経伝達に影響が出て末梢神経に障害が出ます。指先などにしびれや痛みを覚える場合もありますが、感覚が鈍くなり、何も感じなくなる場合もあります。 糖尿病性のこうした神経障害は「糖尿病性腎症」、「糖尿病性網膜症」と並ぶ糖尿病の三大合併症とよばれる典型的な症状です。治療には血糖コントロールがもっとも重要です。 糖尿病神経障害の基礎知識 病名 糖尿病神経障害 別

アナフィラキシー

【執筆】寺尾 一郎 先生アナフィラキシーの情報まとめ病名 アナフィラキシー別名 なし症状「皮膚・粘膜症状」「呼吸器症状」「循環器症状」「消化器症状」のうち、2つ以上の症状が現れる。 呼吸器症状として「咳」「喘鳴」、消化器症状として「繰り返す嘔吐」がある場合、アナフィラキシーの恐れが強い。 アナフィラキシー患者の80~90%に「皮膚・粘膜症状」、約70%に「呼吸器症状」、最大45%に「消化器症状」「循環器症状」が現れる。

狭心症

狭心症とは? 狭心症(きょうしんしょう)は動脈硬化によって心臓の血流が悪くなることで心臓の筋肉(心筋)に酸素が十分に行き渡らなくなることで発症します。心筋梗塞と同じく虚血性心疾患のひとつです。血流が詰まって止まってしまう状態が心筋梗塞で、狭心症は血管が狭くなっている状態です。 また狭心症も症状によって複数に分類されています。高血圧や糖尿病などが原因となり根治は難しいとされています。治療は薬での治療が原則的に用いられますが、心筋に血液を送る冠動脈で狭窄が起きている場合はカテーテルによる治

肝臓がん

【執筆】加賀 康宏 先生肝臓がんの情報まとめ病名 肝臓がん別名 肝細胞がん症状 初期には自覚症状がほとんどない。 進行した場合、腹部圧迫感や痛み、黄疸(おうだん:※1)がでることもある。 がんが破裂すると激痛や血圧低下が起きる。罹患者数 厚生労働省の患者調査では、肝臓と肝内胆管のがんの患者さんは 1987年2万2000人であったが、2005年に6万8000人に増加後、2014年には4万7000人と減少している。

摂食障害

摂食障害とは? 摂食障害(せっしょくしょうがい)は、主に2つの症状があります。食事を極端にとらなくなる「拒食症」と食事を大量に摂取することがやめられない「過食症」です。 日常の出来事に影響されて食事を受け付けなくなったり、逆に食べ過ぎてしまうということは誰にでもあります。そうした行動が極端になったものが摂食障害です。 10代の女性に多く、「痩せていること」が評価される社会背景からの影響など、心理的要素が摂食障害に大きく関係しています。栄養失調や糖尿病、他の精神疾患との合併症などをおこす

腸重積(ちょうじゅうせき)

【執筆】望月 暁 先生腸重積(ちょうじゅうせき)の情報まとめ病名 腸重積(ちょうじゅうせき)別名 intussusception症状 腹痛、嘔吐、血便の3つが主な症状。 腹痛は突然発症が多く、繰り返すのが特徴である。 また、緑黄色の胆汁を嘔吐する。血便はイチゴゼリー状の粘血便が特徴である。罹患者数 日本では年間4000人前後とされる。発症しやすい年齢と性差 生後4ヶ月から1歳までの乳幼児に多い。

糖尿病性ケトアシドーシス

【執筆】吉岡 啓 先生糖尿病性ケトアシドーシスの情報まとめ病名 糖尿病性ケトアシドーシス別名 なし症状 激しい口渇、多飲、多尿、体重減少、全身倦怠感、消化器症状(悪心、嘔吐、腹痛)などのあきらかな脱水症状がおこる。罹患者数 不明発症しやすい年齢と性差 若年者に多い。 性差はなし。原因 インスリン(※1)注射の中止や減量、インスリン抵抗性の増大、感染、清涼飲料水の多飲など。受診の必

糖尿病腎症

糖尿病腎症とは? 糖尿病腎症(とうにょうびょうじんしょう)は高血糖が原因でおこる腎臓病です。糖尿病性の腎症は糖尿病の代表的な合併症です。また人工透析を受けている患者さんの中でももっとも多くの割合を占めています。 初期には症状はありませんが、進行していくとむくみや疲労感などが出るようになります。症状が出てきてからは進行を遅らせることは可能ですが治療により元の状態に戻すことは難しくなります。治療には厳格な血糖コントロールが必要になります。 糖尿病腎症の基礎知識 病名 糖尿病腎症 別

情報リクエスト

病気スコープは、ユーザーの皆様が求めている情報を可能な限りお届けしたいと思っています。
「掲載されている病気についてより深く知りたい」「新しい情報として掲載してほしい病気がある」どちらの場合も、お気軽にリクエストしてください。
皆様の期待に応え続けることで、より信頼できるサイトとして成長して参ります。

どちらの情報をリクエストしますか?

または

※個別のご病気や治療法などの医療行為にかかわるお問合せには、
お答えできませんのでご了承ください。

送信完了

リクエストいただきありがとうございました。
いただいたご意見を元に、より信頼していただけるサイトとして成長して参ります。