【執筆】古平 喜一郎 先生陰茎癌(いんけいがん)の情報まとめ病名 陰茎癌(いんけいがん)別名 特になし症状 亀頭部、包皮、陰茎体部に、発赤・出血・ただれ・しこりなどの異常所見が認められる。 時には感染による膿が原因の悪臭を認めることもある。 また鼠径部(そけいぶ)のリンパ節が腫れることもある。罹患者数 本邦における陰茎癌の罹患率は人口10万人あたり0.4~0.5人。発症しやすい年齢と性差 好発年齢は5