不安・劣等感があるの病気一覧

症状から調べる

男性更年期障害

男性更年期障害とは? 男性更年期障害は、男性ホルモンの低下によって発症します。原因の多くは加齢によるものと言われていますが、環境の変化やストレスなども要因になります。男性ホルモンの分泌は20代をピークに年齢を重ねるにつれて少なくなります。40代以降になると男性ホルモンの分泌不足によって自律神経のバランスが崩れやすくなり、男性更年期障害の症状があらわれます。抑うつ的な症状や怒りっぽくなる、常に眠い、眠れないといったものから、皮膚がたるむなどの症状まで様々です。 男性の場合は女性の閉経と異

境界性パーソナリティ障害

境界性パーソナリティは、「神経症」的な症状と「統合失調症」的な症状の境界にあるような症状をもつ人格障害です。人間はいろいろな個性をそれぞれが持っていますが、その一部分が極端に表れて日常生活に支障をきたしている状態が人格障害です。その中でもいつも強いイライラ感を見せる神経症的な症状と現実と虚構の区別がつかなくなってくる統合失調症的な症状が境界性パーソナリティ障害では現れます。そのため強い恐怖感や不安感を過剰に抱いたり、感情が不安定で回りの人と関係を保てないなどの症状があります。他にも自傷行為や自

摂食障害

摂食障害とは? 摂食障害(せっしょくしょうがい)は、主に2つの症状があります。食事を極端にとらなくなる「拒食症」と食事を大量に摂取することがやめられない「過食症」です。 日常の出来事に影響されて食事を受け付けなくなったり、逆に食べ過ぎてしまうということは誰にでもあります。そうした行動が極端になったものが摂食障害です。 10代の女性に多く、「痩せていること」が評価される社会背景からの影響など、心理的要素が摂食障害に大きく関係しています。栄養失調や糖尿病、他の精神疾患との合併症などをおこす

心臓神経症(身体表現性障害〈身体症状および関連障害〉)

心臓神経症とは? 心臓神経症(しんぞうしんけいしょう)は、自分自身の心臓の動きが気になって、さらに心臓の拍動が早くなるなどの悪循環を生む症状です。実際には心臓に器質的な疾患などはなく、精神的なストレスがこうした悪循環のきっかけになります。この症状は身体表現性障害であり、検査を受けても心臓に疾患は見当たらないため、心臓内科などの医療機関では治療は受けられずに症状について患者さんはさらに悩むということもあります。 気をつけなければいけないのは、心臓神経症と思っていたが、心臓の疾患だったとい

不眠症

不眠症とは? 不眠症(ふみんしょう)は、睡眠障害のひとつで「不眠障害」と診断される症状です。不眠症はなかなか眠れない「入眠障害」、睡眠中に目が覚める「中途覚醒」、早朝に目覚める「早朝覚醒」に分けられます。生活のリズムが乱れたり、精神的なストレスなどがきっかけとなることが多く、症状を何度も繰り返す状態が不眠症です。 こうした症状は「今日も眠れないかもしれない」「また途中で目覚めて熟睡できないのでは」と睡眠に対して不安に感じるなどでさらに症状が繰り返され悪循環を起こします。 不眠症の基礎

情報リクエスト

病気スコープは、ユーザーの皆様が求めている情報を可能な限りお届けしたいと思っています。
「掲載されている病気についてより深く知りたい」「新しい情報として掲載してほしい病気がある」どちらの場合も、お気軽にリクエストしてください。
皆様の期待に応え続けることで、より信頼できるサイトとして成長して参ります。

どちらの情報をリクエストしますか?

または

※個別のご病気や治療法などの医療行為にかかわるお問合せには、
お答えできませんのでご了承ください。

送信完了

リクエストいただきありがとうございました。
いただいたご意見を元に、より信頼していただけるサイトとして成長して参ります。