アレルギー科の病気一覧

長引くせきに要注意!季節の変わり目にかかる病気とは?

季節の変わり目になると風邪をひきやすくなると感じている方は少なくありませんよね。実際に風邪やインフルエンザなどの感染症は10月に増えます。風邪だと思っていたら、他の病気の可能性もあります。なかでも長引くせきの症状には重大な病気が隠れていることがあります。 今回は、風邪の主症状と長引くせきの原因となる病気について解説します。▼POINT ▼風邪などの感染症は10月ごろから増える! ▼インフルエンザ、RSウイルス感染症、花粉症、副鼻腔炎、気管支喘息、肺炎は秋から

アナフィラキシー

アナフィラキシーとは? アナフィラキシーは急性のアレルギー反応のひとつです。原因抗体が体内に入ることをきっかけに、抗原抗体反応がおこります。アナフィラキシーは即時型アレルギー反応に分類されますが、体の一部分におこるのではなく、全身に症状がおこるのが特徴です。皮膚の発赤やじんましん、粘膜の腫れ、めまい、意識障害がおこります。重症の場合は血圧が一気に低下するショック症状とよばれる状態になり、命にかかわります。 アナフィラキシーを起こす物質として有名なものはハチの毒です。ハチの毒によるアナフ

食物アレルギー

食物アレルギーとは? 食物アレルギーは、「特定の食物が原因物質となるアレルギー疾患」です。蕁麻疹(じんましん)、発赤などの皮膚症状を中心に、さまざまな症状をきたします。腹痛などの消化器症状、喘息(ぜんそく)のような呼吸器症状が出るケースもあります。 同時に複数のアレルギー症状が出た状態をアナフィラキシーといいます。もっともリスクが高いのは、血圧が急激に低下(ショック症状)するアナフィラキシーショックです。 食物アレルギーの基礎知識 病名 食物アレルギー 別名 なし 症状

気管支喘息

気管支喘息とは? 気管支喘息(きかんしぜんそく)は、「子どものアレルギー疾患」の1つとして広く知られています。成長するにつれて減少しますが、全員が改善するわけではありません。小児期に比べて、罹患率はずっと低いですが、成人の気管支喘息も存在します。 「子どものアレルギー疾患」としては、ほかにアトピー性皮膚炎、食物アレルギーなどが知られています。また、近年は子どものアレルギー性鼻炎も増加してきました。 気管支喘息の基礎知識 病名 気管支喘息 別名 喘息、ぜんそく 症状 喘鳴(

好酸球性肺炎

好酸球性肺炎とは? 好酸球性肺炎(こうさんきゅうせいはいえん)は、好酸球(白血球の一種)が起因したアレルギー反応でおこる肺炎です。なぜおこるのかはっきりとした原因はわかっていません。ほこりや薬品、カビなど、アレルギーの抗原になるものを吸い込んでひきおこされていることが確認されることもあります。 多くの肺炎は細菌性のため、診断で細菌性の肺炎と診断されたが、抗菌薬を飲んでも改善しないことで発覚するといった例もあり、特殊な肺炎といえます。 好酸球性肺炎の基礎知識 病名 好酸球性肺炎

アトピー性皮膚炎

【監修】板東 浩 先生(医学博士、内科医)   アトピー性皮膚炎は、あちこちの皮膚に原因のはっきりしない炎症が現れる病気です。Ⅰ型アレルギーと呼ばれるアレルギー反応(即時型アレルギー)による症状と考えられています。赤ちゃんから大人まで、幅広い世代が罹患します。 気管支喘息、アレルギー性鼻炎、食物アレルギーなどと並んで、広く知られるアレルギー疾患の1つです。 アトピー性皮膚炎は皮膚の炎症を伴う病気 アトピー性皮膚炎は、皮膚の炎症を伴う病気です。かゆみのある湿疹が主な症状となり、よくなっ

花粉症

【監修】板東 浩 先生(医学博士、内科医)花粉症はスギやヒノキが花粉を出す2~5月に流行する傾向にあります。 スギやヒノキ以外にもブタクサやイネといった植物の花粉でも発症します。 そのため春だけでなく、夏、秋にかけて花粉症になる可能性はあります。 花粉症について花粉症ってどんな病気? 花粉症は名前のとおり花粉が関係して発症し、くしゃみや鼻みず、鼻づまりを引き起こしたり、目がかゆくなったり、のどが痛くなったりする病気です。 日本では4人に1人が発症しているとされてお

子どものアレルギー性鼻炎

【監修】北村 聖 先生(東京大学医学教育国際協力研究センター教授)アレルギー性鼻炎はハウスダスト・花粉などが原因でアレルギー反応が起こり、鼻水やくしゃみが出る病気です。子どもが発症すると集中力が低下し、学業に影響する場合もあります。乳幼児は呼吸がしにくくなり、食事が困難になることもあります。 メカニズムなどは成人のアレルギー性鼻炎と同じですが、「薬が必要がどうかを判断して、市販薬を用いる」などの判断力が育っていないぶん、対応に苦慮しやすくなります。 アレルギー性鼻炎は、アトピー性皮

虫刺され

【監修】板東 浩 先生(医学博士、内科医) 人を刺す虫は身の回りに多数存在しています。蚊や蜂、ムカデといった代表的な虫の、刺されたときの症状を今一度理解しておきましょう。 じんましん、アトピー性皮膚炎、脂漏性皮膚炎といった皮膚疾患としっかり区別することが大切です。虫刺されは「虫に刺されないようにすること」で予防できますから、虫刺されの季節―夏が来る前にしっかり対策しておきましょう。 虫さされとは? 虫さされとは、皮膚が虫に刺されたり触れたりした箇所にできるピンク色や赤色の盛り上がった発

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎とは? アレルギー性鼻炎の原因は、「ほこり」「ダニ」などのハウスダスト、さらに花粉が主体となります。治療においては、一般的に「鼻水、鼻詰まり、くしゃみを抑える薬」「アレルギー反応を抑える薬」などを使用します。症状の出現を抑えるためには、なるべく原因に接触しないように過ごすことが大切です。 気管支喘息、アトピー性皮膚炎と並んで、広く知られるアレルギー疾患となっています。また、最近は「子どものアレルギー性鼻炎」も増えてきました。 アレルギー性鼻炎の基礎知識 病名 アレ

病気スコープ編集部
2018年10月23日

情報リクエスト

病気スコープは、ユーザーの皆様が求めている情報を可能な限りお届けしたいと思っています。
「掲載されている病気についてより深く知りたい」「新しい情報として掲載してほしい病気がある」どちらの場合も、お気軽にリクエストしてください。
皆様の期待に応え続けることで、より信頼できるサイトとして成長して参ります。

どちらの情報をリクエストしますか?

または

※個別のご病気や治療法などの医療行為にかかわるお問合せには、
お答えできませんのでご了承ください。

送信完了

リクエストいただきありがとうございました。
いただいたご意見を元に、より信頼していただけるサイトとして成長して参ります。