糖尿病内科の病気一覧

糖尿病神経障害

糖尿病神経障害とは? 糖尿病神経障害(とうにょうびょうしんけいしょうがい)は糖尿病を起因にした神経障害です。高血糖の状態が続くと神経伝達に影響が出て末梢神経に障害が出ます。指先などにしびれや痛みを覚える場合もありますが、感覚が鈍くなり、何も感じなくなる場合もあります。 糖尿病性のこうした神経障害は「糖尿病性腎症」、「糖尿病性網膜症」と並ぶ糖尿病の三大合併症とよばれる典型的な症状です。治療には血糖コントロールがもっとも重要です。 糖尿病神経障害の基礎知識 病名 糖尿病神経障害 別

糖尿病

糖尿病とは? 「糖尿病」はインスリンがうまく分泌できずに高血糖になり、さまざまな合併症を引き起こす状態です。 多くの糖尿病患者さんが慢性合併症を患っていますが、糖尿病の慢性合併症は長期間にわたり高血糖状態が続くことにより起こります。 一方、糖尿病の病状は人によって千差万別です。 そのため、合併症の状態や血糖値の管理状態などは様々です。 糖尿病を疑われたら、まずは自分自身の状態を確認することが重要です。 必ず医療機関を受診し、まずは現在の状態の評価を受けます。 「糖尿

病気スコープ編集部
2018年4月24日

情報リクエスト

病気スコープは、ユーザーの皆様が求めている情報を可能な限りお届けしたいと思っています。
「掲載されている病気についてより深く知りたい」「新しい情報として掲載してほしい病気がある」どちらの場合も、お気軽にリクエストしてください。
皆様の期待に応え続けることで、より信頼できるサイトとして成長して参ります。

どちらの情報をリクエストしますか?

または

※個別のご病気や治療法などの医療行為にかかわるお問合せには、
お答えできませんのでご了承ください。

送信完了

リクエストいただきありがとうございました。
いただいたご意見を元に、より信頼していただけるサイトとして成長して参ります。