腎臓内科の病気一覧

慢性腎臓病

慢性腎臓病とは? 慢性腎臓病は、腎機能低下の状態が慢性的に続く疾患です。腎臓は、体液と体内の成分を調節する働きや血液中にある老廃物や水分をろ過して排出する働き、ホルモンを分泌する働きがあり、重要な役割をもった臓器です。慢性腎臓病は自覚症状に乏しいですが、そのまま治療せずに進行するとだるさやむくみ、息切れ、貧血、腹痛、血尿、夜間の尿が増えるなどの症状が現れます。 また、軽症であっても心筋梗塞や脳卒中といった心臓や脳に関わる疾患を引き起こすリスクになります。 腎臓病は早期に発見すること

多発性嚢胞腎

多発性嚢胞腎とは? 多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん)は腎臓にたくさんの嚢胞(のうほう)ができて、腎臓の機能が低下していく病気です。遺伝によるものであることがわかっており、遺伝子によって、症状の出るタイミングが異なります。遺伝する可能性がありますが、同じ病気の家族がいなくても発症することもあります。 血尿や慢性的な疲労感、腹痛などの症状があります。治療は腎臓の状態が悪化していかないよう進行を遅らせる治療をおこないます。しかし、少しずつ嚢胞が大きくなり、腎不全になることもあります。

腎性貧血

腎性貧血とは? 腎性貧血(じんせいひんけつ)は腎臓の異常により赤血球を作るよう指示を出すエリスロポエチンという造血ホルモンが減ることで貧血になる症状です。貧血はよく「鉄分不足」によると考えられますが、「鉄欠乏性貧血」とは異なるため、鉄分を補っても改善しません。 腎性貧血ははっきりとした症状はなく、他の貧血と同様で「なんとなくだるい」「疲れやすい」といった症状があります。 また、腎性貧血は慢性腎臓病の症状のひとつで、貧血に対処しつつ、腎臓病の治療をおこなうことが必要になります。 腎

ループス腎炎

ループス腎炎とは? ループス腎炎(じんえん)は、自己免疫疾患のひとつ、全身性エリテマトーデス(※1)の症状としておこる腎臓病です。もともとループスとはオオカミを意味します。全身性エリテマトーデスによって起こる赤い発疹がオオカミに噛まれた後に似ているためで、全身性エリテマトーデスの英語での名称をそのまま仮名表記すると「システミック・ループス・エリテマトーデス」といいます。 腎炎は全身性エリテマトーデスの患者さんの多くに見られる症状です。また全身性エリテマトーデスは完治が難しい病気のため、

IgA腎症

IgA腎症とは? IgA腎症は免疫グロブリンというタンパク質の一種、IgAが腎臓の球糸体という箇所に沈着する病気です。IgAはのどにある扁桃体など、腎臓から離れた場所にあるところで作られています。 ほとんどは慢性的にゆっくりと進行するため初期の症状はなにもない場合もあります。しかし、少しずつ腎臓の機能が低下し、高血圧や腎不全を発症します。そのため、定期的に検査をうけて注意深く見ていく必要のある病気です。腎機能検査などで発見されますが原因は不明です。 IgA腎症の基礎知識 病名 I

高カリウム血症

高カリウム血症とは? 高カリウム血症は通常、尿と一緒に排出されるカリウムが腎不全によりうまく排出されず、血液中のカリウム濃度が基準値を超えた状態のことを指します。高カリウム血症になると、筋肉の収縮が正常におこなえず、不整脈を発症したり、しびれや筋力低下、吐き気などの症状があらわれる他、重症の場合は心停止をおこすこともあります。また、災害時や事故により長時間筋肉が圧迫されるような状況に陥った場合、筋肉の細胞が破壊され細胞内のカリウムが流れ出すことで横紋筋融解症や高カリウム血症になることもあ

横紋筋融解症

横紋筋融解症とは? 横紋筋融解症(おうもんきんゆうかいしょう)は外傷や他の病気、薬などをきっかけにして筋肉の細胞が破壊されて発症します。破壊された筋細胞の組織が血液中に流れ出すことで、腎臓に負荷をかけたりします。 筋細胞の壊死や融解の程度により異なりますが、急性腎不全をおこして生命に関わる場合もあります。多くの場合、脱力感やしびれの症状があります。こうした症状は多くの場合、下肢におこります。 横紋筋融解症の基礎知識 病名 横紋筋融解症 別名 クラッシュシンドローム(外傷―機械

高血圧

高血圧とは? 高血圧は、動脈硬化の要因であり、最終的にさまざまな病気の引き金となります。実際、狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患、脳梗塞などの脳血管疾患につながり、生命にかかわる恐れもあります。また、高血圧の状態が長期にわたると、腎臓で血液を濾過している糸球体の血管が動脈硬化を起こし、腎不全になる恐れもあります。 高血圧症の基礎知識 病名 高血圧症 別名 高血圧 症状 ほとんどの場合、無症状であり、著しく血圧上昇した場合には頭痛や吐き気を生じる可能性がある。 高血圧によ

血清尿酸値

【監修】北村 聖 先生(東京大学医学教育国際協力研究センター教授)血のなかにある尿酸という成分が高いと、高尿酸血症という病気になることが考えられます。 肥満体型で食事量が多い人は注意が必要です。 肥満体型の人は他の生活習慣病にもかかりやすいため、合併症にも気をつけましょう。 血清尿酸値、気にしていますか 近年、食生活の欧米化などのライフスタイルの変化に伴い、血清尿酸値の高い人が増加傾向にあります。 血清尿酸値が高くなると高尿酸血症を発症し、放っておくと関節などに激痛を伴

病気スコープ編集部
2018年6月29日

情報リクエスト

病気スコープは、ユーザーの皆様が求めている情報を可能な限りお届けしたいと思っています。
「掲載されている病気についてより深く知りたい」「新しい情報として掲載してほしい病気がある」どちらの場合も、お気軽にリクエストしてください。
皆様の期待に応え続けることで、より信頼できるサイトとして成長して参ります。

どちらの情報をリクエストしますか?

または

※個別のご病気や治療法などの医療行為にかかわるお問合せには、
お答えできませんのでご了承ください。

送信完了

リクエストいただきありがとうございました。
いただいたご意見を元に、より信頼していただけるサイトとして成長して参ります。