流行している病気を調べる

溶連菌感染症

【執筆】広瀬 正和 先生溶連菌感染症の情報まとめ病名 溶連菌感染症別名 溶血性レンサ球菌感染症症状発熱、のどの痛みが主な症状。扁桃腺が腫れるのが特徴で、ひどい場合はのどの奥の扁桃に膿(うみ)が付着することがある。 溶連菌感染症に特徴的な症状として、「イチゴ舌」がある。 「イチゴ舌」とは舌の表面にブツブツと細かい隆起が現れることである。 赤く、イチゴの表面のように見えるのでイチゴ舌と呼ばれる。 また、発疹が体に出ることがある。

糖尿病神経障害

【執筆】 広瀬 正和 先生糖尿病神経障害の情報まとめ病名 糖尿病神経障害別名 -症状糖尿病の患者さんに高血糖状態が続くと、まず手足の先からしびれやピリピリとした痛み、感覚の異常などが現れる。 このまま放置しておくと、痛みやしびれのために夜眠れなくなったり、こむら返りが起きたり、他の自律神経症状なども現れる。 手足も症状がひどくなると、靴擦れなどの足の先の傷から感染、膿みが生じ、足の壊疽(えそ)を起こし、切断に至ることもある。 【

アナフィラキシー

【執筆】寺尾 一郎 先生アナフィラキシーの情報まとめ病名 アナフィラキシー別名 なし症状「皮膚・粘膜症状」「呼吸器症状」「循環器症状」「消化器症状」のうち、2つ以上の症状が現れる。 呼吸器症状として「咳」「喘鳴」、消化器症状として「繰り返す嘔吐」がある場合、アナフィラキシーの恐れが強い。 アナフィラキシー患者の80~90%に「皮膚・粘膜症状」、約70%に「呼吸器症状」、最大45%に「消化器症状」「循環器症状」が現れる。

僧帽弁閉鎖不全症

【執筆】井守 洋一 先生僧帽弁閉鎖不全症の情報まとめ病名 僧帽弁閉鎖不全症別名 MR症状・急性僧帽弁閉鎖不全症・・・強い息切れ、呼吸困難がある。 緊急性がある。 ・慢性・・・初期、軽症例では症状を訴えない場合が多い。 病状の進行に伴い、動悸や呼吸困難、浮腫が出現する。 心房細動という不整脈を合併することが多く、その場合、症状が悪化することが多い。罹患者数 近年、リウマチ性は減る傾向にあり、非リウマチ性のもの

甲状腺機能低下症

【執筆】大田 幹 先生甲状腺機能低下症の情報まとめ病名 甲状腺機能低下症(Hypothyroidism)別名 -症状 昼夜を問わず眠くなり、全身の倦怠感が強く、記憶力や計算力の低下がみられる。 また、低体温、皮膚の乾燥、むくみ、脱毛が起こることもある。 体重は増え、便秘になり、女性の場合は無月経になることもある。罹患者数 顕性甲状腺機能低下症(TSH異常、甲状腺ホルモン異常)は0.60%、また潜在性甲状腺機能低下症(TSH

境界性パーソナリティ障害

【執筆】福田 真 先生境界性パーソナリティ障害 の情報まとめ病名 境界性パーソナリティ障害別名 境界性人格障害、ボーダー症状 強い「見捨てられ不安」のために大きく感情が揺れ動いたり虚しさを感じたりすることが特徴で、本当の自分というものが分からなくなる。 ときに自傷行為などの衝動性がみられたり、うつ病を合併したりすることがある。罹患者数 人口の約15%がなんらかのパーソナリティ障害があると言われている。発症しやすい年

膀胱癌(ぼうこうがん)

【執筆】古平 喜一郎 先生膀胱癌(ぼうこうがん)の情報まとめ病名 膀胱癌(ぼうこうがん)別名 特になし症状 自覚症状の無い無症候性肉眼的血尿や健診で指摘されるような顕微鏡的血尿、頻尿・排尿時痛・残尿感を伴う膀胱刺激症状をみとめることが多い。 特に無症候性肉眼的血尿は膀胱がんでは最も多い症状であり、注意が必要である。罹患者数 日本での2008年における膀胱がんの年齢調整罹患率は10万人あたり、年7.2人。発症しやすい

精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)

【執筆】古平 喜一郎 先生精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)の情報まとめ病名 精索静脈瘤(せいさくじょうみゃくりゅう)別名 特になし症状 解剖学的に殆どのケースが左側に起こり、多くは無症状で経過することが多い。 左陰のう上部の腫れ(透けて太くなった血管が見えることもある)、左陰のうの痛みや違和感、精巣発達障害による精巣の左右差(右が左より大きくなる)を自覚することもある。 成年男子では、不妊症精査で精索静脈瘤を指摘されることが多い

食物アレルギー

【執筆】杉村 久理 先生食物アレルギーの情報まとめ病名 食物アレルギー別名 -症状 蕁麻疹や紅斑(皮膚が赤くなること)、浮腫(むくみ)が一番多い症状だが、咳・喘息発作、嘔吐・腹痛・下痢などが見られることもある。 症状は、食べた直後から1時間後、遅くとも4時間以内に見られる。 血圧が下がって意識が遠のいてしまうアナフィラキシーショックが、一番重い症状である。罹患者数 日本における児童・生徒の平成25年度罹患率は4.5%である

百日咳

【執筆】久保田 芳明 先生百日咳の情報まとめ病名 百日咳別名 -症状 特有のけいれん性の咳発作(痙咳発作)が特徴である。罹患者数百日咳患者数は世界で年間約1600万人。 日本全国約3,000箇所にある小児科からの定点報告(※)では2014年で週に0.66~0.95人、つまり、週に1人未満ペースで患者さんの医療機関受診があったとしている。 ※都道府県によって指定されている「指定届出機関(定点医療機関)」は、厚労省で定める

情報リクエスト

病気スコープは、ユーザーの皆様が求めている情報を可能な限りお届けしたいと思っています。
「掲載されている病気についてより深く知りたい」「新しい情報として掲載してほしい病気がある」どちらの場合も、お気軽にリクエストしてください。
皆様の期待に応え続けることで、より信頼できるサイトとして成長して参ります。

どちらの情報をリクエストしますか?

または

※個別のご病気や治療法などの医療行為にかかわるお問合せには、
お答えできませんのでご了承ください。

送信完了

リクエストいただきありがとうございました。
いただいたご意見を元に、より信頼していただけるサイトとして成長して参ります。