紫外線

紫外線は身体にどのような影響を与えるのですか?日に当たりすぎると病気になるのでしょうか?

【監修】板東 浩 先生(医学博士、内科医)

 

紫外線は皮膚にダメージを与える光線です。浴びすぎると肌が赤くなり、日焼けによる炎症を起こします。また、習慣的に紫外線を浴びていると、ダメージが蓄積してシミやくすみができます。日ごろから、日差しを避け、日焼け止めを塗るといった対策をしましょう。

また、紫外線は目にも大きなダメージを与える恐れがあります。紫外線は白内障、黄斑変性などを促進します。

紫外線とは?

紫外線とは?

紫外線は、太陽の光に含まれる光線のうちの一つです。この紫外線は波長の違いで種類がわかれます。
そのうち、地上まで到着するのがA波(UV-A)とB波(UV-B)です。

A波(UV-A)

A波は波長が長いため、真皮の奥までじわじわと影響を与えます。地上に降り注ぐ紫外線の約95%がA波です。
ガラスを通り抜けるほどの威力を持っているため、レストランなどの室内にいても窓際なら浴びてしまいます。

B波(UV-B)

波長の短いB波は、A波に比べて量は少ないかわりに強いエネルギーを持ち、皮膚に対する刺激が強いのが特徴です。
日焼けで炎症を起こして赤く腫れ上がるのはこのB波の仕業だといえます。

【参考】Kao スキンケアナビ-紫外線の影響

紫外線トラブルの症状

紫外線によるダメージは蓄積されると、同じ年齢でもシミが多くなったり、ハリがなくなったりと、肌の若々しさに差が生まれてきます。

また、紫外線はシミやそばかす、しわなどを作るだけでなく、最悪の場合「皮膚がん」を起こすなど肌への影響が顕著にみられます。

さらには、目にもダメージを与え、失明に至るともされる白内障を引き起こすこともあります。免疫力を低下させ、感染症などになりやすくなってしまいます。

紫外線トラブルの対策と処置

紫外線を浴びて肌が赤くなったら炎症の証です。水で冷やし、ほてりをしずめましょう。
紫外線によって水疱ができたり、発熱や頭痛が生じたりしたときは医療機関をしっかり受診しましょう。

 

紫外線トラブルの予防法

紫外線に無防備でいると、皮膚のシミなどで数年後に後悔することになりかねません。

紫外線トラブルには日差しの強い弱いに関わらず、夏場はきちんと日焼け止めを使用することが重要です。首のうしろや手の甲などにもムラなく塗るようにしてください。曇りでも影響はあるため、塗り忘れは禁物です。

日焼け止めにも種類があり、シーンに合わせて選ぶと効果的です。SPFやPAの数値が高いほどガードしてくれますが、肌に負担を感じる方もいるはず。肌質も配慮しましょう。子供は大人と同じ日焼け止めを使うと毛穴をふさいでしまいニキビになりやすいので、子供用を使うことをおすすめします。

一緒に調べられている病気

日焼け

白内障

監修/板東 浩 先生
医学博士/内科医

情報リクエスト

病気スコープは、ユーザーの皆様が求めている情報を可能な限りお届けしたいと思っています。
「掲載されている病気についてより深く知りたい」「新しい情報として掲載してほしい病気がある」どちらの場合も、お気軽にリクエストしてください。
皆様の期待に応え続けることで、より信頼できるサイトとして成長して参ります。

どちらの情報をリクエストしますか?

または

※個別のご病気や治療法などの医療行為にかかわるお問合せには、
お答えできませんのでご了承ください。

送信完了

リクエストいただきありがとうございました。
いただいたご意見を元に、より信頼していただけるサイトとして成長して参ります。