熱中症

熱中症になると、どのような症状が出ますか?発症した人がいる場合はどうすればよいですか?

【監修】板東 浩 先生(医学博士、内科医)

 

熱中症は程度によって症状が異なります。めまいや立ちくらみを感じる軽度のものから、意識を失って痙攣する重度の場合もあります。

もし、身近で熱中症と思われる人が出た場合は救急に連絡し、応急処置をしながら待ちましょう。

熱中症とは

熱中症は、身体が高温になり脱水症状が続いていると体温調節機能が破綻し、意識を失う危険性がある症状です。
身体が熱いと、身体は体温を調節しようと発汗したり血管を拡張させたりします。
しかし、水分を補給せず高温の場所にいると、脱水症状に陥り危険です。

また、その状態に加えて体温調節機能や血液循環機能が低下していき、脳へ血液が回らず、意識を失う可能性があります。

熱中症の予防

予防には、エアコンや扇風機などをうまく取り入れた室温調整、塩分を含んだ水分補給、十分な休息、また日々の体調管理が大切です。

熱中症の症状

熱中症の重症度は現在、3つに分類されています。
I度では熱失神と呼ばれるたちくらみや熱けいれんとよばれる痛みをともなう筋肉の硬直がおこります。Ⅱ度では全身がだるく力が入らなくなる熱疲労と呼ばれる状態を指しています。Ⅲ度は、熱射病と呼ばれていた状態を指しています。2015年に日本救急医学会の熱中症ガイドライン2015では以下のように分類をしています。

 

 症状状態
Ⅰ度
(軽度)

顔面蒼白、めまい、立ちくらみ、生あくび、数秒間の失神、呼吸数の増加、脈が速く弱くなる、筋肉痛、筋肉の硬直(こむらがえり)、発汗

血管が広がって血圧が低下し、脳への血流が減少している状態になり熱失神と呼ばれる立ちくらみがおこる。

また多量の発汗に伴って、筋肉の収縮に必要な血液中の塩分が不足した状態になることで熱けいれんと呼ばれる筋肉の硬直がおこる。

Ⅱ度
(中等度)

倦怠感、虚脱感、頭痛、吐き気、嘔吐、多量発汗、高体温(40℃以下)、不快感、判断力・集中力の低下

多量発汗による脱水や、血液中の塩分などが不足した状態。熱疲労と呼ばれ、体がぐったりして力が入らなくなる。複合した症状があらわれ、放置したり、判断を誤るとⅢ度へ進行する危険性がある。

Ⅲ度
(重度)

意識障害、けいれん、手足の運動障害、おかしな言動・行動、過呼吸、高体温(40℃以上)

熱失神、熱痙攣、熱疲労の病態がより進行した状態体温調節機能の障害による高体温になる。従来は熱射病や「重度の日射病」と呼ばれる症状。

参考:日本救急医学会 熱中症ガイドライン2015

熱中症になる危険要因

一般的に熱中症の発症年齢は、乳幼児から高齢者までと幅広く、なかでも高温多湿である夏に発症率が高いと言われています。
しかし、熱中症を誘発する要因は高温多湿という環境要因のみでなく、行動要因、衣類要因、不摂生・年齢・体調といった個人の身体要因も関わってきます。
危険要因を知ればおのずと予防策も見えてくるので、自分の状態や生活環境などを振り返ってみましょう。

環境要因

気温が高いことが危険要因であること以外に、湿度や風の有無、屋内の環境も深く関係してきます。
湿度が高いと汗の蒸発による身体の冷却効果が低下するので、熱中症を引き起こしやすい環境となります。
また風(自然や扇風機を含む)があることで汗の蒸発が促進されますが、風が弱いあるいは無風状態(閉め切った屋内・屋外を含む)は熱中症の危険要因となります。
しかし、身体表面温度を上回るような高温の環境下においては、風が熱を身体に送り込むことになるので、この場合は熱風自体が危険要因となります。
エアコンや扇風機といった家電などを有効活用し、熱中症を予防しましょう。

行動要因

農業を含む屋外での筋肉運動、激しいスポーツにおいて、十分な休憩をとれない、自分のペースで作業できない点が危険要因となります。
運動を行えば筋肉から熱が発生します。自分の健康状態に合っていない作業を十分な休憩を取らずに行うと、上昇した体温の回復が間に合わず、熱中症を発症させる危険が高まります。
気温や湿度を鑑み、労働時間や休憩、水分補給のタイミングを調整しましょう。

【参考】 厚生労働省 職場での熱中症による死亡災害及び労働災害の発生状況(平成24年)

熱中症になる危険要因

衣類要因

主に職場での服装の問題となりますが、防護性が高い衣類ほど透湿性・通気性が悪い傾向があります。
透湿性・通気性が悪い衣類は保温性・断熱性も高く、身体からの放熱を阻害するため体温上昇を促し、熱中症を誘発します。

このような衣類を着用する職場などにおいては、それを考慮した休憩時間、水分、空調を整えることが必要です。
暑い環境で働く労働者に対して、小さな扇風機が内蔵されているジャンパーが開発され、熱中症に対する効果がみられています。

時間的要因

暑い環境での長時間にわたる行動が熱中症を誘発することは言うまでもありませんが、急激な環境変化における行動にも注意が必要です。
人間の身体は周りの環境にある程度は慣らしていくことができますが、慣れていない状態の人が急に暑い環境にさらされると、身体に大きな負荷がかかります。

例えば、梅雨明けからは猛暑日が続くことが多く、気温が急上昇する梅雨明けの頃はとても危険な時期と言えます。

身体要因

50歳を過ぎると暑さに対する体温調整機能が低下し始めます。
身体は体温調整力、発汗能力が衰えるだけでなく、暑さへの感度も鈍り、エアコン等で室温を調整しづらい状態になっていきます。
実際に65歳以上の高齢者では、男女ともに自宅での発生が一番多い状況です。
近年は一人暮らしの高齢者も多いため、周囲からの声掛けなどの支援が必要となってきます。

また、肥満者は暑さに弱く、普段から運動の習慣が無い場合が多いため、体温調整、心臓循環機能が低下しており、熱中症のリスクが高い傾向にあります。
糖尿病患者は喉が渇きやすく、それが熱中症につながる要因の一つです。
水分はたくさん摂っていてもその分尿の量も増えるため、気づかないうちに脱水症状となっていることがあります。

その他、高血圧や心疾患を治療中の場合、降圧利尿剤を服用していると利尿剤で脱水傾向になったり、ナトリウムも排泄されたりするので塩分不足になりがちになります。

応急処置

意識が無い場合は医療機関へ

暑い環境下に長時間居た場合の体調不良は、熱中症であるという点を認識してください。
まずは熱中症を疑う症状の有無を確認し、その上で意識がなければ救急車を呼びます。
救急車が到着するまでの間に患者を涼しい場所へと移動させ、衣類をゆるめて体を冷やします。

冷やす場所は首、脇の下、太股の付け根を集中的に冷やしてください。
医療機関では、分かる範囲で患者本人が倒れた時の状況を冷静に説明しましょう。
また、患者に意識があった場合も涼しい場所に移し、衣類をゆるめて体を冷やします。
自力で水分および塩分を補給できなければ医療機関へ連れて行ってください。
自力で水分・塩分を補給できれば、回復するまで安静にしましょう。

 

監修/板東 浩 先生
医学博士/内科医

情報リクエスト

病気スコープは、ユーザーの皆様が求めている情報を可能な限りお届けしたいと思っています。
「掲載されている病気についてより深く知りたい」「新しい情報として掲載してほしい病気がある」どちらの場合も、お気軽にリクエストしてください。
皆様の期待に応え続けることで、より信頼できるサイトとして成長して参ります。

どちらの情報をリクエストしますか?

または

※個別のご病気や治療法などの医療行為にかかわるお問合せには、
お答えできませんのでご了承ください。

送信完了

リクエストいただきありがとうございました。
いただいたご意見を元に、より信頼していただけるサイトとして成長して参ります。