椎間板ヘルニアとは? 腰椎椎間板(ようついついかんばん)ヘルニアは腰椎の関節の間にあり、可動域でクッションの効果をもつ椎間板(ついかんばん)という部分の組織が外に飛び出る症状のことです。椎間板は弾力のある組織ですが、老化や、大きな力がかかるなどさまざまな原因によって壊れてしまうことがあります。 ヘルニアは「飛び出る」という意味があり、組織が飛び出て神経を刺激することがあります。刺激する場所によって症状が異なり、主に痛みやしびれなどの症状がおこります。 椎間板ヘルニアの基礎知識 病名