【執筆】尾畑 十善 先生パーキンソン病は、「手足のふるえ(振戦)」「動きが遅くなる(無動)」「筋肉が固くなる(筋固縮)」「転倒しやすくなる(姿勢反射障害)」などを主症状とする病気です。 ドパミン神経細胞の減少が原因とされ、症状の進行はゆっくりだが、放置すると徐々に身体の動作が悪くなります。神経内科や脳神経外科の受診が通常です。パーキンソン病の情報まとめ病名 パーキンソン病別名 特になし症状パーキンソン病の特徴的な症状は、